【AV レビュー】桜庭彩を電マ責め。ドリルバイブで玩具責めオーガズム【BABYENTERTAINMENT】

JK

玩具責めマニアの管理人が、作品内に登場する玩具、使われ方、女優の反応やルックス、その他の魅力についてレビューしていく。

本作品の魅力
しっかりとクリにぶち当てるアタッチメント責め15〜20分の電動ドリル系の責め木馬責めまである充実感。カット割りも丁寧。責め師やギャラリーの台詞も多く、凌辱ショー作品となっている。マン汁も泡立ち、口からも泡を吹き、汗だくで声にならない声で頑張るJKもたまらない。
SUPER JUICY AWABI SEASON II 止まらない痙攣と涙 残酷嬲りものアクメ 狂い泣く女子校生残酷哀歌 VOL.2

採点92点

道具  ★★★★★★★★★☆ 9/10

・ローター
・電マ
・バイブ
・ディルド
・電マアタッチメント オルガ
・電マアタッチメント シナプスフェーズ
・電動ドリルバイブ(舌)
・電動ドリルバイブ
・電マ木馬

ベイビー作品の基本的な所は全て抑えた上、舌ドリルや木馬があるのも嬉しい


使い方 ★★★★★★★★★★ 10/10
アタッチメントもしっかりクリに当ててマン汁泡立つまで責め


反応  ★★★★★★★★★★ 10/10
汗やマン汁、泡吹き
耐える様子が何よりも秀逸


ルックス ★★★★★★★★☆☆ 8/10


その他 ★★★★★★★★★☆ 9/10
責め師のセリフやギャラリーの煽りが多い。ただ責めるだけではない、凌辱ショー作品になっている
カット割りも丁寧で、汗だくの顔のアップは特に抜ける。

①軽く電マウォーミングアップ

まず前シーンで強制的に中出しされた後からのスタートになる。

この時点ではまだ反抗的。

媚薬を飲まされ弄られた後は電マ

「あー敏感なんだ。乳首でこんなに敏感だったら下半身にもってったらどうなっちゃうんだろうなぁ
と責め師。


そのままマンコに当てられる。頑張って声をこらえる。

イキきそうになるが寸止め。顔に汗が滴る。

次のシーンへ。

②マン汁が白くなるほどバイブ責め(しかし地獄の寸止め)

四つん這いで拘束。媚薬オイルを垂らされ、パンツ越しに擦り込まれる。

服を切り取られる。目には涙。

「ヤダもう家に帰りたい!もう無理!」

「いい顔してるわぁ」

今作品はギャラリーが女で徴発的なセリフを投げかける。

「お願い助けて…」

「どうします?皆さん助けますか?」

「だめよぉー笑」

「今日の皆さんはS揃いのようですね」

ノギスで乳輪、乳首、アナル、大陰唇、小陰唇等々を計測される辱めを受ける。

満を持して手マン。ローターで乳首。身体をくねらせる。

次はバイブを突っ込まれ、ギャラリーは拍手。

クリトリスにはローターを当てられる。


顔には汗がダラダラと。震えながら必死に耐える顔が素晴らしい。

「やめて…」

「そういい反応だ良い声だ。我慢しなくていいんだよ。大きな声を張り上げてお客様の前で醜態をさらす…」

「さあ昇天してごらん。お客様の前で昇天していいんだよ」

「イックウ…」

ここでも寸止め。辛そうな表情。

「もうやめてぇ、熱い…もう苦しい…」

「何度も何度もいきそうになる。何度も何度も止めてやるからな。焦らして焦らして焦らし抜いて。焦らされ地獄を味わうが良い。」

「どうですお客さん。滑稽でしょう。笑ってやってください。焦らされて苦しんでる彼女を笑ってやって下さい」

ズボズボズボとバイブ

「さあいっちゃえいっちゃえ」

「イックウ!!」

寸止め。

「あらぁ可愛そうねえ。震えてるわぁ笑」

「もう解いてえ…」

「さあまだまだ…凌辱ショーは始まったばかりだよ」

何度も寸止めで発狂寸前の痙攣。

マンコから垂れる汁が白く泡立っている。マン毛はグッチョグッチョだ。イきたいのにいけない地獄。

最後の1セットで念願のアクメ。しかしこれからの地獄責めのスタートに過ぎない。

③アタッチメントで汗だく。口から泡を吹き、マンコグチュグチュになるまで…

M字拘束でスタート。銀の拘束台。

複数ローター責め。悶える表情。笑う観客と細かくカットが切り替わる。

これは定点が好きな人には好みが別れるが、管理人としては臨場感のある凌辱ショー作品感があってかなり良い。

次は余興に観客の女たちが責めるが、徹底的に寸止めでマンコが暖まっていく。

「子供だましのおもちゃはもう終わり。身体もだいぶ熱くなって来ただろう。焦らされて焦らされて可哀想にな…じゃあ少し冷ましてやろうか」

今度は複数電マ

「イクゥ!」

やっと絶頂。しかしそのまま当て続ける。

「イクウ…」

しかしまたもやここで寸止め。繰り返し。何度も何度も。

「すごい身体がヒクヒクしてる。こんなに焦らされたら」

「おかしくなっちゃうわよねぇ笑」

「もっともっとおかしくしちゃおう」

 

当て続け絶頂。弄ばれる。

「あらららいっちゃったのかい?これで終わりじゃないぞ。今度はイキ地獄を味わうんだ。イッてイッてイきまくる…

今度は連続アクメ責め。

「泡ふいたか泡ふいた」

女観客による責めも始まる。

一人につき一回イかされたあと電マアタッチメント シナプスフェーズ
35:43

「 今度はマンコの中だ。ブチ込んでやる」

クリ責部がピッタリとクリトリスに当たり擦られる。

何度も何度もイかされる。

「ああ!ごめんなさい壊れちゃう!!!」

壊れちゃうか?壊しちゃおう。なら壊しちゃおう

約六分の責め。顔は汗びっしょり

電マアタッチメントオルガ。

かき回され響く汁音。

「…ーーーーっ!!!」

声にならない声。
耐える表情と乱れる呼吸。

カット割りも細かく丁寧に快楽責めの辛さを伝えてくれる。

④嘲笑われながらドリル責め

ベッドに大股開きで拘束。


まずは電マでほぐされた後、電動ドリル舌
正確には電ノコだが舌が先についており拘束でクンニされる。

「泣いてるわぁこの子。そんなに気持ちいいのかしら」
ギャラリーの女が嘲笑う。5分の責め。

次は電ドリ。5分の責め。

柄付きのドリル
4分の責め


ラストは更に長い柄のついたディルド


ただ通常の電動ドリルのようにピストンせず、振動で責める玩具のようである。

5分の責め

⑤電マ木馬で仕上げ

電マ木馬責め。

「くぅ~っ」と耐え「っはあはあはあ」と息継ぎ。その繰り返し。辛さが伝わる良い反応。

口からは涎。

定点では無く様々な角度や距離から表情、マンコを撮影している。愉しそうな観客のカットも入り丁寧で、退屈しない絵になっている。

さいごに

管理人的にかなりお気に入りの作品。カット割りが細かく丁寧。快楽で手を握りしめる所のアップなど叫びだけでない表現。ギャラリーの煽りも「凌辱ショー」感がある。そして何よりも女優の喘ぎが良い。やたら叫ぶのではなく、くぅ~っと耐える所が辛さを伝えてくれる。さらに顔まで汗だくマンコグチョグチョなのだから言うことなし。

無料動画

 

 

商品ページ